2012年振り返り

新年あけましておめでとうございます。
2011年振り返り に続いて2012年振り返りです。
今回はトピック別にまとめてみました。

Ruby on Railsを触る

今さらながらRailsを始めて触ってみました。
scaffoldでCRUD画面を簡単に生成できるのは衝撃的でした。
早速自分が仕事で使っているEthnaアプリの管理画面に同じようなものを導入してみたら、絶大な効果がありました。
自分が普段使っていない言語・フレームワークから学ぶことは有益なことだと実感しました。

チームビルディング

仕事で新しいメンバーが入ったのでチームビルディングをやることになりました。
Webの世界ではオープンソースや勉強会に参加しまくってるマッチョなハッカーの人たちが目立ちますが、 世の中ハッカーばかりではありません。
オープンソースに興味がなく、"Linus Tovals"や"まつもとゆきひろ"の名を知らず、休日に趣味でコードを書いたりしない、というプログラマも世の中にはたくさんいるものです。
そういうプログラマと一緒に仕事をすることになったとき、どうやって付き合っていけばいいのか。

教えすぎると「教えて君」を生んでしまうし、「ライオンは子供を崖から突き落とし這い上がってきた子だけを」方式でやると、崖から落ちたままプロジェクトが遅延してしまうというジレンマがあります。
その中間ぐらいがちょうどよいバランスなんだろうとは思いますが、今も明確な答えは出ていません。

書いた記事がホッテントリ入りするようになった

ふとした記事が思わぬところで広がったりしました。
中には各方面からバッシングいただいたものもあります。
今となってはよい思い出です。。(遠い目)

Java言語をはじめた

前任者が作ったJava製ソフトウェアを引き継ぐ形でJava開発をはじめました。
Javaは食わず嫌いだったのですがやってみたら面白かったです。
静的型付けとそれに基づくオブジェクト指向は、Perl/PHP/JSなどのLLしかやったことのない自分にとっては斬新でした。
Eclipseの自動リファクタリング機能は衝撃でした。EclipseまじすごいよEclipse。
JUnitがとても強力なので単体テストを書きまくりました。
「Javaのオブジェクト指向」を学んだことで、PHPを書く際にもよりよい設計ができるようになった気がします。

Subversion → Git&Github

仕事で使ってるバージョン管理ツールを一気にGit化しました。

結果、コードレビューの工数がかなり短縮されていい感じです。
今まではSubversionの差分をRedmineにコピペしてコードレビューのやり取りをしていたのですが、Githubだとこのコピペ作業がいらなくなりました。
もう一つは、今までははてブなどでGitのtips記事を見ても「いーなーGit使いたいなー。でもおれSubversionだしなー」と悔しがるしかなかったのが、自分ですぐ試せるようになったことです。これはモチベーションの点で大きい。
「やっと世の中に追いついた」という感じです。

Gitはコマンド体系が複雑で初心者には若干とっつきづらいですが、反面その内部構造はいたってシンプルで、その根本原理さえ理解してしまえば驚くほど簡単に使いこなせるようになります。

Githubを日常的に使うようになったのはいいとして、Githubの神髄である「ソーシャルコーディング」を実感するまでには至ってないので、そこはこれからの課題です。

CPAN Authorデビュー&YAPC::Asiaで発表デビュー

YAPC::AsiaのLTソンで初めて人前で発表しました。
これはとてもよい経験でした。
自分の中で「発表する」ということの敷居がぐっと下がりました。
hachioji.pmの方々には感謝してもしきれないものがあります。

また発表に先立って、CPANモジュールをリリースしてCPAN Authorになりました。
こんな自分でもCPAN Authorになれた、ということに自分でも驚いています。
(コードはしょぼいですが気にしない)

AWSにどっぷりつかる

AmazonEC2, AmazonS3, SQS, IAM, AWS SDK(PHP, Java)などは一通り使えるようになりました。
とくにAmazonS3を使っての画像保存・配信・画像処理・並列処理などはだいぶノウハウが溜まってきて、複数言語(Perl/PHP/Java)でS3を扱えるようになりました。

PerlとJavaで作ったものはオープンソース化してあります。

まとめ

チームビルディングでそれなりに苦心しましたが、大きなトラブルやピンチもなく、Java,AWS,CPANモジュールなど新しいことにも挑戦して成果も出せました。
わりと順風な1年だったと思います。
むしろ逆境に強いタイプなので、順風にひたってていいのかと逆に不安が。

一方、個人でリリースしたプロダクト・サービスと言えばJSwikimini2くらいしかないので、それが残念でした。

今年(2013年)こそは何かを変えたい。

2013年元旦 DQNEO
カテゴリ:

人気記事