Vagrantで使うIPアドレスは10.10.10.10にしたらよいのではないか

よくVagrantfileの中で、
  config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
と書いてるケースをみかけます。

このIP、すごく覚えにくくないですか?

そもそもvagrant initしたときに自動生成されるVagrantfileの中のコメントが上記のようになっているので、それに引きずられてしまう気持ちはわかります。
でも"192.168.33.10"という数字は覚えづらいし、忘れるたびにVagrantfileを目視確認するのも面倒ですよね。
私はちょっとひねって、
  config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.33"
というのを今まで使っていました。
同じ数字が繰り返される方が脳に優しいからです。

しかふと今日思いました。

10.10.10.10でよくね?

「そもそも、プライベートIPアドレスは10.0.0.0から10.255.255.255まで自由に使えるじゃん」
というわけでこうしてみました。
  config.vm.network :private_network, ip: "10.10.10.10"
vagrant upしたらちゃんと動きました。

こうすれば、仮想マシン内でウェブサーバ立てたときに
http://10.10.10.10:8080/
とか
http://10.10.10.10:5000/
とかでアクセスできるので、非常に気持ちイイ(・∀・)!!

みなさんもぜひやってみましょう。

(※このIPにしたら、vagrant upするときに初回だけVirtualBoxの警告ダイアログみたいなのが出ました。何でかはよくわりませんが、たぶん問題ないでしょう・・・)


そもそもVagrantfileのコメントはなぜ"192.168.33.10"になっているのでしょうか。
VirtualBoxについてあまり詳しくないので、知っている人がいたら教えていただけると幸いです。

Enjoy Vagrant!
カテゴリ:

人気記事