[Google Apps Script]GoogleSpreadSheet上に九九の表をJavaScriptで生成する

"Google Apps Script"を使うと、GoogleSpreadSheetのセルの情報を取得したりセルに情報を書き込んだりすることができます。

Excelでいうところの「マクロ」「VBA」とほぼ同じことができます。

Google Apps Scriptのはじめかた

最初のとっかかりがちょっとだけ難しいですが、
ドットインストールの動画を見ればよくわかるのでオススメしておきます。

#02 開発の準備をしていこう | Google Apps Script入門 - プログラミングならドットインストール

九九の表のスプレッドシート上に書き込む方法

こんな感じです。
/**
 * 九九の表をスプレッドシートに書きだす
 *
 */
function make99() {
  var mySheet = SpreadsheetApp.getActive().getSheetByName("Sheet1");
  for (var i=1;i<=9;i++) {
    for (var j=1;j<=9;j++) {
      mySheet.getRange(i,j).setValue(i * j);
    }
  }
}

/** 
 * 九九の表を読み取ってログに出力する。
 * ログウィンドウはCtr + Enter で表示できます。
 *
 */
function read99() {
  var mySheet = SpreadsheetApp.getActive().getSheetByName("Sheet1");
  for (var i=1;i<=9;i++) {
    for (var j=1;j<=9;j++) {
      var value = mySheet.getRange(i,j).getValue();
      Logger.log(value);
    }
  }
}
カテゴリ:

人気記事