Emacs初心者がやりがちな過ちベスト3

Emacs初心者を観察していると、だいたいいつも同じところではまっていることに気づきました。

Emacs初心者ならだれでも一度は通る道だと思いますが、先輩に注意される前に自分で気づけるとよいですね。

  • Ctr + z で「終了」したと勘違いする
  • Emacsのプロセスを複数起動する
  • #a.php# みたいなファイルをコミットしてしまう

Ctr + z で「終了」したと勘違いする

Ctr + z (C-z)は、Emacsを「休止」するためのコマンドです。
休止されたプロセスは、バックグラウンドで起動しっぱなしになっています。
$ jobs                      # バックグランドジョブを見る
[1]  + suspended  emacs     # suspend状態になっているのがわかる
$ fg                        # 復帰する
その昔、Emacsをやたらと起動しまくっている人がいて、

僕:ねえ、なんでEmacs何個も起動してるの?
彼:毎朝Emacsを起動して、帰るときにCtr + z で終了してます
僕:えっ
彼:えっ

それ終了ちゃいますからw

Emacsを終了するのは Ctr x + Ctr c (C-x C-c)です。

Emacsのプロセスを複数起動する

ファイルfoo.txtを編集するときに、
$ emacs foo.txt
別のファイルを編集するときに、別にターミナルから
$ emacs bar.txt
こうするとEmacsが2つ起動してしまいます。

Emacsはプロセスが重いので、1個だけ起動するのが基本だと思います。
nanoやvi感覚で多重起動してる人をたまに見かけますが、メモリを馬鹿食いするのでおすすめできません。

Emacsを起動するときはまず引数なしで起動して、起動した後にファイルを開くようにしましょう。
$ emacs     # 引数なしで起動する

#a.php# みたいなファイルをコミットしてしまう

ファイルをいじって未保存の状態でしばらく放置すると、#a.php#みたいなファイルができてしまいます。
何も考えずにこの状態で
git add .
git commit
などすると、#a.php#をコミットしてしまいます。

ファイルをこまめに保存する癖をつけておけば#a.php#というファイルは作成されません。
バッファーを未保存の状態で長時間放置しないようにしましょう。

私の経験では、Emacs初心者の4人中3人くらいがこれらの罠にはまってしまうようです。
この記事がEmacs初心者の役に立てば幸いです。

Happy Emacsing!
カテゴリ:

人気記事