ImageMagickとActivePerlを確実に動作させるたった一つの方法

ImageMagickとActivePerlは、相性問題が難しいことで有名です。
バージョンにちょっとでも齟齬があると動いてくれません。

そこで、ImageMagickとActivePerlを確実に動作させる方法を紹介します。

ImageMagickのインストーラ画面にヒントが・・!

まず、先にImageMagickの最新版を取得します。

ImageMagickのインストールはこちらから。
http://www.imagemagick.org/script/binary-releases.php#windows

バージョンがいろいろあって一瞬びびると思いますが、誰でも最初はびびるのでご安心ください。
わからない場合は"q16"と"dll"がついているものを選びましょう。

つまり、下記2つのどちらかを選べば問題ないはずです。
  • 32bitの場合:ImageMagick-6.x.y-z-Q16-windows-dll.exe
  • 64bitの場合:ImageMagick-6.x.y-z-Q16-windows-x64-dll.exe

ダウンロードしたらインストーラを起動します。
ここでストップ!

画面をよく見てください。

imagemagick.JPG

なんと、対応するActivePerlのバージョンが書いてありますね!!

このbuild番号をメモして、インストーラを一度キャンセルしましょう。(後で再開します)

ActivePerlをインストールする

さっきメモしたbuild番号のActivePerlをインストールします。
ActivePerlの取得はこちらから。
http://www.activestate.com/activeperl

ImageMagickをインストールする

さっき中断したImageMagickをインストールします。
インストールオプションを聞かれますので、上記画像のとおり"Associate..."以外全てチェックを入れておくとよいでしょう。

動作確認

コマンドプロンプトを起動して、下記のように入力してみてください。

C:\Users\DQNEO>perl -MImage::Magick -e "print $Image::Magick::VERSION"
6.73
バージョン番号が表示されたら成功です!
おめでとうございます!!


この手順でやれば、ImageMagickとActivePerlの相性問題に悩まされずに済むと思います。
うまく行きましたか?

Enjoy!

関連記事

ちなみに画面に表示されている"PerlMagick"というのは"Image::Magick"の別名です。
"Image::Magick"とImageMagickの違いが分からない方は、下記記事をご参考にどうぞ。

[Perl]ImageMagickとImage::Magickの違いについてそろそろ一言いっておくか。

カテゴリ:

人気記事