DockerfileのENVではENVで定義した変数を使える

DockerfileのENVでは、ENVで定義した変数を使えます。

ENV FOO aaa
ENV BAR bbb_${FOO}  # => "bbb_aaa"がセットされる

FROM busybox

ENV FOO aaa
ENV BAR bbb_${FOO}

RUN touch /tmp/${BAR}

これをビルドすると、 /tmp/bbb_aaa というファイルが作成されます。

ENVのなかでENVを使えるのは地味に便利ですね。

カテゴリ:

人気記事