Movable Type Open Source (MTOS)の提供はまだ続いている

誤解してる人が多いようなので書いておきます。

今北産業

  • MTOS(MT5.2.x)の開発は今も続いている。
  • MTOS(MT5.2.x)の開発は、2015年10月まで行われる。
  • 2015年10月以降に開発が停止した後も、MTOS(MT5.2.x)はGithub上で公開され続け、誰でも利用することができる。

公式サイトより引用

MTOSのセキュリティサポートは続くのでしょうか?

はい、続けます。MTOSの最終バージョンはMT 5.2xとなりますので、MT5.2xと同じライフサイクルポリシーに基づいて、セキュリティ対応を続けます。MT6は2013年10月のリリースを予定しているため、MTOS を含めた MT 5.2xは2015年10月まで、重大な問題に対するセキュリティフィックスを続けます。

ライフサイクルポリシーについては、こちらのページをご覧ください。

5.2のリポジトリは、Githubで継続公開されますか?

はい、継続して公開を続けます。Githubには、MTのリリースバージョンごとに「タグ」と呼ばれるバージョンごとのレポジトリデータが存在します。

http://www.movabletype.jp/blog/mtos_support.html

Githubを見ると開発が続いていることがわかる

実際にGithubを見てみると、現時点(2014/12)でも5.2.11の開発が続いており、ライセンスファイル(COPYING)にGPL v2と明記されていることがわかります。

https://github.com/movabletype/movabletype/tree/mt5.2.11

「MTOSを捨ててMT6に移行しなければならない」なんてことはないので、引き続きMTOSを使い続けるという選択肢も当然ありです。
このブログはMTOSで動いており、私は今後もしばらくはMTOSを使い続けるつもりです。
カテゴリ:

人気記事