Linux,MacOSX,Cygwinでplenvとperl5.20とcpanmをインストールする方法

準備

あらかじめgitをインストールしておきます。 gitのインストール方法は割愛します。

plenvとperl5.20とcpanmを一気にインストール

一般ユーザでログインして下記のようにします。
# plenvを取得
git clone git://github.com/tokuhirom/plenv.git ~/.plenv/

# Perl-Buildを取得
git clone git://github.com/tokuhirom/Perl-Build.git ~/.plenv/plugins/perl-build/

# パス設定など 
# (zshをお使いの場合は .bashrcのかわりに.zshrc)
echo 'export PATH=~/.plenv/bin:$PATH' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(plenv init -)"' >> ~/.bashrc

# シェルにログインしなおす
exec $SHELL -l

# インストール可能なバージョンを確認
plenv install --list

# v5.20.0をインストールするならこんな感じで
plenv install 5.20.0
plenv global 5.20.0
plenv rehash

# cpanmをインストール
plenv install-cpanm
plenv rehash

# 試しにAcme::Nyaaをインストールしてみましょう。
cpanm Acme::Nyaa
※MacOSXならHomebrewで入れる方法もあるようですが、私はこのやり方の方がLinux/Macで手法を統一できるので好みです。

動作確認

$ perl -MAcme::Nyaa -e 'print Acme::Nyaa->new->cat("こんにちわ\n");'
こんにちわニャーーーー!
完了です!!
カテゴリ:

人気記事