Vagrantのport forwardは普通に80 → 80に転送すればよいのでは

Vagrantfileのforwarded_portの設定で、よく
config.vm.network :forwarded_port, guest: 80, host: 8080
と書いてる例を見かけます。
Vagrantfileのコメントにそう書いてあるので、そのままそれを使ってしまってる人が多いようです。
私もそうでした。

でもこれだとブラウザでいちいち http://localhost:8080/ みたいにうつのがめんどくさいし、
SSL環境だと https://localhost:8443/ になちゃって、やる気が失せる。

で今日気付いたんです。 普通に80 -> 80 , 443 -> 443に転送してしまえばいいんじゃないかと。
config.vm.network :forwarded_port, guest: 80, host: 80
config.vm.network :forwarded_port, guest: 443, host: 443
これで何の問題もなく動きました。
ブラウザのアドレスバーにポート番号入力しなくてすむので楽ちんです。

ぜひお試しあれ!
カテゴリ:

人気記事