git gcしても肥大化が解消されませんでした

以前書いた記事 Gitの驚愕の真実:1億行のファイルに1行追記するとレポジトリ容量が200MB増える[※補足あり]

について、
「git gcしろ」, 「Packファイルを知らないのか」等々ご指摘をいただきましたので git gc してみました。

結果、git gc しても肥大化は解消されませんでした。
$ git gc
$ du .git -sh
422M    .git
git gc --aggressive しても結果は同じでした。

いろいろと奥が深い。

別に肥大化してもいいよ

まあ1億行に1行追記なんて普通はやらないだろうから、この件をもってバカ/バカじゃない論争をくりひろげても不毛な気がします。

繰り返しますが、私はGitをdisっているわけではありません。
肥大化したからダメだとは一言も言っていません。
1行追加しただけで肥大化したことに驚きはしましたが、それが嫌だとか好ましくないとかは言ってません。
そもそも一般論として空間効率とパフォーマンスはトレードオフの関係にあると思います。
Gitの売りは高速性なので、空間効率が多少犠牲になったとしても別にそれでいいのではないでしょうか。
カテゴリ:

人気記事