軽量・シンプルなHTTPサーバMongooseのインストール方法

MongooseはC言語で書かれた軽量・シンプルなHTTPサーバです。

Windows, Mac, UNIX, iPhone, Androidなど様々なプラットフォームをサポートし、 CGI, SSL, SSIなどの機能を備えているそうです。
実装もシンプルで実体はmongoose.cの1ファイルのみ、ソースコード6000行。

HTTPサーバをちょこっとたてたい、でもApacheやNginxを入れるのは大げさだなあ、というときに便利です。
詳しくはこちらをご覧ください。

https://github.com/cesanta/mongoose

インストール方法(Linux)

git clone git://github.com/cesanta/mongoose.git
cd mongoose/build/
make unix
ソースコードをとってきてmake unixするだけです。
簡単ですね☆

起動する

./mongoose
これだけ!!
デフォルトでは8080ポートで、カレントディレクトリがドキュメントルートになります。

ポート番号やドキュメントルートを変更したい場合はオプションで
./mongoose  -listening_ports 8888  -document_root /path/to/www
などすればOKです。

その他オプション

他にもオプションがいろいろあります。
ヘルプはこんな感じ。
./mongoose --help

Mongoose version 4.2 (c) Sergey Lyubka, built on Oct 27 2013
Usage:
  mongoose -A    
  mongoose [config_file]
  mongoose [-option value ...]

OPTIONS:
  -cgi_pattern **.cgi$|**.pl$|**.php$
  -cgi_environment 
  -put_delete_auth_file 
  -cgi_interpreter 
  -protect_uri 
  -authentication_domain mydomain.com
  -ssi_pattern **.shtml$|**.shtm$
  -throttle 
  -access_log_file 
  -enable_directory_listing yes
  -error_log_file 
  -global_auth_file 
  -index_files index.html,index.htm,index.cgi,index.shtml,index.php,index.lp
  -enable_keep_alive no
  -access_control_list 
  -extra_mime_types 
  -listening_ports 8080
  -document_root 
  -ssl_certificate 
  -num_threads 50
  -run_as_user 
  -url_rewrite_patterns 
  -hide_files_patterns 
  -request_timeout_ms 30000
カテゴリ:

人気記事