iPhone4sからiPhone5へiTunesでデータを移行したときにアプリが全部消えた場合の対処法

MNPでSoftbank(iPhone4s)→AU(iPhone5)へ乗り換えたので、データを移行しました。
最初こちらの記事を参考にiTunesでやってみたところ、写真データや連絡先は移管できたのですが、なぜかアプリがすべて消えてしまいました。

2時間ほど試行錯誤した結果、解決方法がわかったので紹介します。

iPhoneを復元したらアプリが全部消えてしまった場合の対処法

症状
iPhoneをiTunesのバックアップから復元したら、連絡帳やメール、写真などは復元できたものの、自分で入れたアプリ(パズドラとか)がすべて消えてしまった。
原因
アプリとアプリのデータは、普通にiTunesでバックアップしただけではバックアップされないのが原因です。
復元作業をやる前に、iTunes StoreでAppleのサーバからPCにダウンロードしておく必要があります。

手順1.旧iPhoneからPC(iTunes)にバックアップをとる

ほぼこちらのやり方でOKです。
iPhoneの大切なデータをバックアップする方法まとめ!

手順2.iTunes上で、アプリをダウンロードしておく

ここが非常に重要です。
旧iPhoneで使っていたアプリを、iTunes上でPCにダウンロードしておきます。

  • iTunesで「iTunes Store」を開く
  • 「AppStore」を選択して、右下の「APP STOREナビリンク」>「購入済み」


  • 次の画面で、購入済のアプリをすべて選択してダウンロードします。
これで、購入済アプリがPC上のiTunesにダウンロードされます。

新iPhoneにバックアップからデータを復元する

  • 新iPhoneをPCにつないで、、【復元】をクリックして工場出荷状態に戻します。
  • 工場出荷状態に戻ったら、iPhoneが起動するまで待ちます。
  • iPhoneが起動したら、Wi-Fiの設定画面が出るので「次へ」
  • 位置情報サービス:オンでもオフでも好きに選らんで「次へ」
  • 「iPhoneを設定」画面で「iTunesバックアップから復元]」を選択して「次へ」
  • PCのiTunesで「新しいiPhoneへようこそ」画面で、「このバックアップから復元」→「続ける」
  • 「iPhoneのバックアップのロックを解除するパスワードを入力します。」で、パスワードを入力
    (このパスワードは何のパスワードを入れるのが非常にわかりにくいのですが、iTunesで「バックアップ」をとったときにバックアップデータに対してパスワードを設定しているはずですのでそれを入力します)
  • 「iPhoneをバックアップから復元中」ダイアログが出るので数分待ちます。

完了したらアプリとアプリのデータがすべて新iPhoneに復元されているはずです。
私はこの手順で復元したら、パズドラのデータも無事移行されていました。

この記事がみなさんのお役に立てば幸いです。
カテゴリ:

人気記事