[Git]git cat-fileで任意のブランチの任意のファイルを閲覧できるので便利

git cat-file -p ブランチ名:ファイルパス名
こうすればいちいちチェックアウトしなくてもファイルが閲覧できます。
例:mybranchブランチのdir/file.txtを閲覧する
git cat-file -p mybranch:dir/file.txt
ブランチ名のところは、もちろんタグ名やコミットハッシュ値も使えます。

タグtagA中のファイルを閲覧
git cat-file -p tagA:dir/file.txt
コミット"badcafe"中のファイルを閲覧
git cat-file -p badcafe:dir/file.txt
HEADのひとつ前のコミット中のファイルを閲覧
git cat-file -p HEAD^:dir/file.txt

どいういう時に便利なの?

例えば、「あのブランチのあのファイルをそのまま持ってきてコミットしたい」というときに便利です。
# 一度閲覧してから
git cat-file -p mybranch:dir/file.txt
# リダイレクトしてワーキングツリーに上書き 
git cat-file -p mybranch:dir/file.txt > dir/file.txt
カテゴリ:

人気記事