RedmineのREST APIを叩いてチケットのタイトルを見るワンライナー

例えば、
RedmineのURL : https://redmine.example.com/
API Key : 1a2b3c
チケット番号 : #1234
だとすると、こんな感じでチケットの件名を取得できます。
curl -s -X GET -H "Content-Type: application/json" -H "X-Redmine-API-Key: 1a2b3c" https://redmine.example.com/issues/12345.json \
| perl -MEncode -MJSON -e '@x = <>; $json = JSON->new->decode(@x); print encode('utf8', $json->{issue}->{subject}) ,"\n"; '
※あらかじめPerlのJSONモジュールが必要です。
CentOSなら"yum install perl-JSON"でインストールできます。

いちいちブラウザを開くよりはやいのでオススメです。
さらに上記コマンドをシェルスクリプト化しておくと捗ります。

私は上記コマンドをrefsという名前にしているので、
ターミナルから
$ refs 12345
ほげほげのバグを直す
みたいな感じで使えます。
大変便利。
カテゴリ:

人気記事