CentOS6にGit1.8をコンパイルインストールする方法

もうすぐGit 1.8がリリースされますね。
一足早くversion 1.8.0-rc3 をソースコードからコンパイルインストールしてみました。
# 必要なライブラリを入れておく
sudo yum install make curl-devel gcc openssl-devel expat-devel  cpan
sudo yum install gettext  asciidoc xmlto

# ソースコードをgithubから取得
wget "https://github.com/git/git/tarball/v1.8.0-rc3" -O git.tar.gz
tar xvfz git.tar.gz
cd git-git-22ed067/

# インストール
# この例では/usr/loca/bin/にインストールされます
make prefix=/usr/local all doc
sudo make  prefix=/usr/local install install-doc install-html
上記の通りにやれば一発で成功するはずです。

コンパイル中に遭遇したエラーと対策

/bin/sh: curl-config: command not found
yum install curl-devel
/bin/sh: cc: command not found
yum install gcc
git-compat-util.h:208:25: warning: openssl/ssl.h: No such file or directory g
yum install openssl-devel
http-push.c:14:19: warning: expat.h: No such file or directory
yum install expat-devel
Can't locate ExtUtils/MakeMaker.pm
Can't locate ExtUtils/MakeMaker.pm in @INC  at Makefile.PL line 3.
BEGIN failed--compilation aborted at Makefile.PL line 3.
make[1]: *** [perl.mak] Error 2
make: *** [perl/perl.mak] Error 2
yum install cpan
MSGFMT po/de.msg make[1]: *** [po/de.msg] Error 127
yum install gettext

ざっとこんな感じです。

いつも思うんですがmake時のエラーってもうちょっと親切にならないんですかね・・・
カテゴリ:

人気記事