sotarokと僕とGithub

@sotarok の名を知ったのは、たしか2009年暮れのことでした。

当時僕は仕事でEthnaを使っていました。
Ethnaの公式サイトやドキュメントをちょくちょく見ていて、そのときにsotarokの名前を知ったと思います。

Ethnaはver2.5がリリースされた直後に開発が止まっていた時期がありました。
その時点でEthnaはまだPHP5.3非対応で、対応させるためにはどうすればよいか、僕はあれこれ悩んでいました。

そんなとき、たった一人でEthnaの次期バージョン(2.6)の開発をはじめたのがsotarokでした。
すぐに2.6betaはリリースされ、EthnaはPHP5.3対応となりました。
sotarokは開発だけでなくドキュメントもひとりで書き始めました。
僕はその姿になにか胸が熱くなり、よしドキュメント作成を手伝おうと決心して申し出ました。


これが僕のGithubデビューでした。

GitもGithubもよくわかっていない僕でしたが、sotarokはいろいろと教えてくれました。
はじめてPull Requestがマージされたときのあの感動。今でもよく覚えています。
↓コレ

その後、僕はドキュメントだけでなくコードの改修も手伝うようになりました。
僕はつぎつぎと細かいバグ修正Pull Requestを送りました。
ときにはマージされ、ときにはリジェクトされ、そんなやりとりの中で僕はGit, Github,そしてオープンソースのお作法を学ぶことができました。
sotarokはまさに師匠でした。
思えば、急成長企業のCTOから直々に、しかも無償で、しかも会ったこともないのに、技術を教えてもらえるとは、何という幸運だったのでしょう。

オープンソース万歳。
Github万歳。

その時の経験をもとにして書いた記事がこれ↓ 今でも僕のブログの人気記事です。

まとめ

sotarokさん ++

カテゴリ:

人気記事