[AmazonS3] s3cmdで、任意の場所から設定ファイル(.s3cfg)を読み込む方法

s3mcd では、デフォルトでは設定(コンフィグ)ファイルが~/.s3cfgという場所にあるのが前提になっています。

この設定ファイルは好きな場所においてもかまいません。
コマンド実行時にオプションで任意のファイルを指定することができます。
実行例

省略時は ~/.s3cfg が読み込まれる
s3mcd ls s3://yourbucket/  
パスを指定して設定ファイルを読み込む
s3mcd -c /path/to/.s3cfg ls s3://yourbucket/ 
上と同じだが、ロングオプション
s3mcd --config /path/to/.s3cfg ls s3://yourbucket/ 
落とし穴:ヘルプに嘘がある
ヘルプによると、設定ファイルを指定するオプションは
  -c FILE, --config=FILE
        Config file name. Defaults to /root/.s3cfg
と書いてるのですがこれはです。

--config=FILE
では動かなくて、
--config FILE
だと動きます。

version1.0、ver1.1.0beta2、ともに同じでした。

(ヘルプのバグなのかプログラムのバグなのかはわかりませんが・・)
カテゴリ:

人気記事