MovableType MTOS5.13を導入してみました。

MTOS(MovableType Open Source )5.13を導入してみました。



MTとMTOSの違いは何かと言うと、MTOSには下記機能がないみたいです。
Movable Type 5 と MTOS にはどのような違いがありますか
  • カスタムフィールドがない。
  • コミュニティ・ソリューションがない。
どちらも自分にとっては無用の長物だったので、思い切ってMTOSに切替えてみました。

MTOSはどこから入手するのか?

入手方法が2通りあるようです。
  • Zipダウンロード版:MTOSのページから「今すぐダウンロード Movable Type(Open Source)」をクリック
  • Github: git://github.com/movabletype/movabletype
Zipダウンロード版とGithu版の関係がどこにも書いておらず、よくわかりませんでした。><
そもそもGithub版がMTなのかMTOSなのか、確信が持てずさまよってしまいました。笑
GithubにGPLのライセンスファイルが置いてあったので、おそらくこれがMTOSの最新版ということになるのでしょう。

今後の改修に追従しやすいように、Githubをクローンすることにしました。

MT 5.12 → MTOSに切替えるためにやったこと

レンタルサーバ(DTIの500円VPS)にログインしてサーバ内で作業しました。
git clone git://github.com/movabletype/movabletype.git
mv movabletype mtos
cd mtos
cpanm  JavaScript::Minifier
cpanm  CSS::Minifier
make me
(JavaScript::MinifieとCSS::MinifierはCPANモジュールです。
これを入れとかないと警告が出ます。)

ここまでやってから、既存のMT5.12のディレクトリとMTOSディレクトリをごっそり入れ替えました。
mt-config.cgiを旧MTディレクトリから新MTOSディレクトリにコピー。
mt-staticも旧ディレクトリから新ディレクトリに引っ越し。(MTOSに同梱されいたmt-staticは不使用)
ブラウザからmt.cgiを叩くと、データベースアップグレード画面が出ます。
次へ次へと進むと正常に終了。
管理画面にも無事ログインできました。

導入してみた感想

ほとんど何も変わってない気がします。笑
今後使い込んでいけば、違いに気づくかもしれません。
そのときはまたここで記事を書きたいと思います。
カテゴリ:

人気記事