MovableType管理画面をPSGIで動かしたら快適すぎて生きるのがつらい

MovableTypeの管理画面(mt.cgi)が遅くて遅くてずっと悩んでいたのですが、開発中のdevelopブランチを拾ってきてPSGI(Starman)で動かしたら劇的に速くなりました。
なんと画面表示時間が半分以下!!




これはかなりうれしいです。
思わず雄叫びの声をあげてしまいました。

管理画面が遅いのはSQLがボトルネックかと想像してたのですが、そうではなくCGI(の起動処理?)がボトルネックだったようです。

測定方法


ダッシュボード、ブログ記事作成画面、デザインテンプレート画面の3画面について
Google Chromeでアクセスして、Developper Toolsでmt.cgiのレスポンスタイムを記録しました。
1画面3回アクセスして平均値をとりました。




管理画面をPSGIで動かす方法


Githubで開発中のMovableTypeのdevelopブランチを入手します。
https://github.com/movabletype/movabletype/tree/develop

Plack関連モジュールを一括でインストールして、Starmanを起動します。
cpanm install Task::Plack
starman --daemonize --pid=/tmp/starman.pid /path/to/mt/mt.psgi
http://hostname:5000/mt/mt.cgi にアクセス
mt-upgrade.cgのところで無限ループみたいになるので、一度Starmanを再起動したらいけました。

わりとさくさく動いてびっくりしています。
(実は1年前にも挑戦していて、そのときは対して速くならなかったのです。今回はMT本体にPSGI最適化の仕組みが入ったのかもしれません。)

参考

カテゴリ:

人気記事