[Emacs]elisp超入門 - Hello Worldを表示する

elisp超入門、第一回目です。
まずはHello Worldを画面に表示させてみましょう。

.emacsを開いて次のように書いてください。
書き終わったら、一番最後のかっこの後ろで C-x C-e を実行しましょう。
(defun hello-world()
  (interactive)
  (message "hello world!")
)  ← ここで C-x C-e 
これで関数定義が完了です。
さっそく呼び出してみましょう。
M-x hello-world
ミニバッファエリアに、
"hello world!"
と表示されましたか?

おめでとうございます!!

キーバインドを登録する

せっかくなので、作った関数をキーバインドに登録してみましょう。
.emacsに下記を追記します。
書いたら、最後のかっこの後ろで C-x C-e を実行してください。
(global-set-key "\C-ch" 'hello-world)
では、C-c h で実行!
"hello world!"
が表示されましたか?

おめでどうございます!!

つづく(予定)
カテゴリ:

人気記事