[Emacs]shell-popで、指定したディレクトリを開く方法

shell-pop.elという大変便利なEmacs elispがあります。

キー1発で、今見てるバッファのディレクトリをshellで開いてくれるというものです。
私はもうこれなしでは生きていけない体になってしまいました。
これを入れない理由はないといっても過言ではありません。

さて超絶便利なshell-popですが、私の場合「今見てるバッファのディレクトリ」ではなくて「常に決まったディレクトリを開いてほしい」と常々感じていました。
.emacsをちょっといじってみたら簡単にできたのでご紹介します。

常に決まったディレクトリを開くshell-popの設定

(require 'shell-pop)
(defun my-shell-pop ()
  (interactive)
  (cd "~/project")
  (shell-pop)
)

(global-set-key [f8] 'my-shell-pop)
F8キーで ~/project が開きます。

仕組みは単純で、shell-popを呼び出す直前に cd で ~/project ディレクトリに移動するだけです。
便利なshell-popがもっと便利になって、ますます手放せなくなってしまいました。
カテゴリ:

人気記事