Railsが突きつけた課題

衝撃的な出会いだったRuby on Rails(3.2)との出会いから2週間。

当初はすごいすごいと良いことばかりに見えたのですが、課題も見えてきました。

RailsのDRYじゃないところ

例えばscaffoldで顧客登録画面のCRUD(作成、読み取り、更新、削除)を生成すると、こんな画面を作れます。
登録画面(new, edit)

氏名
メールアドレス

表示画面(show)

氏名スティーブ・ジョブズ
メールアドレスsteve@example.com

一覧画面(index)

氏名 メールアドレス
steve@example.com スティーブ・ジョブズ
bill@example.com ビル・ゲイツ

ここで画面を見るとわかりますが、「氏名」という単語が3回登場してます。
ここがDRYじゃないんですよね。。。
データベースのカラムのコメントにも「name:氏名」のようなコメントを入れるとすると、4回重複することになります。

うーむ。
何か良い方法はないものでしょうか・・?

本気でDRYにするなら、データベースのカラムのコメントを抽出してそれを各画面で使うということになるのでしょうか。

Railsの達人はどういう風にやっているのか、ぜひ聞いてみたいものです。

コメント

コメントいただきました。
ありがとうございます!
カテゴリ:

人気記事