coLinux+Ubuntuで"Server refused to allocate pty"エラーの対処法

[2013.4.3追記]

coLinuxでのUbuntu12.04は不安定だったのでやめました。
はっきり言っておすすめしません。
詳しくは下記記事を参考にしてください。

Ubuntu12.04→Ubuntu9.04に変えたらすこぶる快適になった

[追記ここまで]




coLinux + Ubuntu12.04を起動したあと、puttyからsshで接続すると、下記のようなエラーが出る。
Using username "dqneo".
dqneo@192.168.100.2's password:
Server refused to allocate pty
Welcome to Ubuntu precise (development branch) (GNU/Linux 2.6.33.7-co-0.7.9 i686                   )

  * Documentation:  https://help.ubuntu.com/
正確に言うと、出たり出なかったりする。
coLinuxを起動すると50%くらいの確率でこうなる。

気になるので調べてみた。

/var/log/auth.log を見ると下記のようにエラーが出ていた。
Mar 25 09:27:58 speedlinux sshd[8595]: pam_unix(sshd:session): session opened for user dqneo  by (uid=0)
Mar 25 09:27:58 speedlinux sshd[8595]: error: openpty: No such file or directory
Mar 25 09:27:58 speedlinux sshd[8614]: error: session_pty_req: session 0 alloc failed
"error: openpty: No such file or directory"でぐぐると、下記のような英語ページがヒットした。

ubuntu - Failing to connect to server via SSH - "Server refused to allocate pty" - Server Fault

アドバイスどおりにやってみた。
# /sbin/MAKEDEV tty
# /sbin/MAKEDEV pty       
効き目なし。

次に、このようなページを見た。
Server refused to allocate pty - TekTonic - VPS Hosting - Community Forums

こんなアドバイスがあった。
Make sure to have /dev/pts being mounted in /etc/fstab

example:

none /dev/pts devpts defaults 0 0

早速、/etc/fstabに1行を追記してみた。
none /dev/pts devpts defaults 0 0
coLinuxを再起動すると、無事にssh接続できるようになった。
これでしばらく様子を見てみる。
まだ効き目なし。

ロシア語のサイトにこんなのがあったので、やってみた。
Решение проблемы "Server refused to allocate pty" на centos 5
rm -rf /dev/ptmx
mknod /dev/ptmx c 5 2
chmod 666 /dev/ptmx
umount /dev/pts
rm -rf /dev/pts
mkdir /dev/pts
mount /dev/pts
この後coLinuxを何度か再起動してssh接続してみたところ、"Server refused to allocate pty"エラーは出なくなりました!
ありがとうロシアの人。
スパシーバ!
カテゴリ:

人気記事