CentOS5.6にPostgreSQL8.4をソースからコンパイルしてインストールする方法

やはりPostgreSQLはソースからコンパイルするのが一番です。

以下rootで作業します。
yum -y install readline readline-devel # 事前準備
wget ftp://ftp2.jp.postgresql.org/pub/postgresql/source/v8.4.9/postgresql-8.4.9.tar.gz
tar xvfz postgresql-8.4.9.tar.gz
cd postgresql-8.4.9
./configure
make  # コンパイル
make install # インストール

echo "PATH=/usr/local/pgsql/bin:\$PATH" >> /etc/profile # PATHを通しておきます。
adduser  postgres # 管理ユーザを作成
mkdir /usr/local/pgsql/data # データディレクトリを作成
chown postgres /usr/local/pgsql/data # オーナーを変更
su - postgres

以下、ユーザpostgresで作業します。
initdb -D /usr/local/pgsql/data # データディレクトリを初期化
pg_ctl start -l logfile  -D /usr/local/pgsql/data # サーバ起動
createdb sample # データベース作成
psql sample # 接続テスト

下記のようなプロンプトが出ればOKです。
psql (8.4.9)
Type "help" for help.

sample=# select 1 + 1;  # SELECT文を発行してみる
 ?column?
----------
        2
(1 row)
Enjoy!
カテゴリ:

人気記事