[coLinuxインストール完全マニュアル]ネットワークの設定をする

前回の記事 [coLinuxインストール完全マニュアル]coLinux上でUbuntuを起動してみる の続きです。

coLinuxのネットワーク設定はほんのちょっとだけ難しいですが、慣れればたいしたことないです。
これさえ乗り越えれば、素晴らしいLinuxとオープンソースの世界があなたを待っています。
いっしょに乗り越えていきましょう!

coLinuxのネットワーク設定はTAPによるNAT接続をオススメします。

もしあなたがcoLinux初心者なら、これから紹介するTAPによるNAT接続をオススメします。
WindowsXPとcoLinuxが、192.168.100.xxx圏の一つのLANを形成する形になります。

この方式のメリットは
  • 安定している
  • 自宅⇔会社など移動してLAN環境が変わっても、coLinuxの設定を変えなくてすむ。
  • 電車の中のようにPCがオフラインの場合でもcoLinuxが動く
です。
それではレッツトライ!



↑コントロールパネル>ネットワークの設定 を開くと、"TAP-Win23 Adapter"のネットワーク接続があります。
私の環境では「ローカルエリア接続2」という名前になっています。
このままではわかりにくいので名前を"tap"に変えましょう。



↑名前を"tap"に変更しました。



↑次に、普段インターネット接続に使っている方のNICを無効にします。
私は有線LANをメインで使っているので「ローカルエリア接続」を無効にします。
普段無線LANをメインにしている人は、「ワイレスネットワーク」の方を無効にしてください。




無効にしたそのNICのプロパティを表示します。



↑「インターネット接続の共有」にチェックを入れます。
ホームネットワーク接続で"tap"を選択します。



↑OKを押して確定させましょう。



↑設定が終わったら、先ほど無効にしたこのNICを有効にします。



↑次にネットワーク接続で"tap"のプロパティを開きます。



↑"tap"のTCP/IPのプロパティを開きます。



↑IPアドレスに"192.168.100.1"を入力、
サブネットマスクに"255.255.255.0"を入力します。
(もし192.168.100.*が既存のLANで使用されている場合は、まだ使われていないIP帯域のものを入力してください。例:192.168.123.1など)



↑同じくファイアーウォールの設定を開きます。



↑ファイアーウォールをいったん無効にします。
これは後述のpingを通すためです。
(ご利用は自己責任でお願いします。)



↑次にcoLinux側でIP設定をします。

"/etc/network/interfaces" というファイルを編集して、下記のように記述してください。
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static
  address 192.168.100.2
  netmask 255.255.255.0
  gateway 192.168.100.1
viが使えない人はcatでもファイル編集できるのでご安心を。
catコマンドで編集をする場合は下記のようにします。
cat << EOF  > /etc/network/interfaces
続くプロンプトに文字を入力していきます。
書き終わったらCtr + d を押すと編集終了します。



↑ 同じ要領で "/etc/resolve.conf" ファイルを編集します。



↑"nameserver 8.8.8.8" と書きます。
書き終わったらCtr + d で終了します。

"8.8.8.8"は、これはGoogleが提供してくれているDNSサービスのIPアドレスです。
便利な世の中になったものですね。



↑cat で内容確認。

下記コマンドで設定を反映させます。
# service networking restart



↑仕上げに接続確認です。
まずTAPに向けてpingを打ってみましょう。
返答が返ってくればOKです。



↑次はGoogleに向けてpingします。
返答が返ってくればOKです。



↑ここまで来れば、puttyなどのSSHクライアントが使えるようになります。
WindowsからputtyでcoLinuxに接続してみましょう。



↑sshでログインできました!!
おめでとうございます!! (ユーザ: root , パスワード: root)
感動の瞬間です。

以上、うまくいきましたでしょうか?

カテゴリ: